オリジナル性のある結婚内祝い|夫婦の写真と名前をプリント

低予算で備える

ウーマン

結婚式というのは、人生の中でも大きなイベントに含まれるものです。その中では招待客から頂いた祝儀のお返しとなる引き出物を備えましょう。引き出物を個人的に注文すると大きな節約に繋がります。

泣かせる演出

カップル

結婚式のプログラムの中でも、その場にいる人の多くが涙を流す、花嫁から手紙は感慨深いものがあるでしょう。その際には、新郎新婦から両親へプレゼントが贈られるケースが多く、そのプレゼントもまた両親のことを思って選ぶといいでしょう。

のし袋のサービス

夫婦

日本では頂いたギフトのお返しとなるものを内祝いと呼んでいます。カップルが結婚した際に頂いた結婚祝いには、結婚内祝いを贈りましょう。結婚内祝いを贈る際には、守るべきマナーがいくつかあるので、相手に失礼とならないようマナーを調べておくことが大切です。内祝いは、基本的に頂いたギフトより高額になることを避けるべきだとされています。気持ちだからと高級品を選びたくなるものですが、相手より高額な品を贈ることで嫌味となる可能性があるのです。その為、結婚内祝いなどは頂いたギフトの半額から3分の2程度に予算を抑えて考えておきましょう。

結婚祝いを贈る人達の中には、普段から身近にいる家族や友人、親戚がいることでしょう。とても仲がいいとしても、結婚内祝いは正式な贈り物になるのでのし袋の貼り付けは決して忘れないことです。のし袋には贈答品としての名称と、贈る側となる自分の名前を記入することとされています。内祝いとなる品をスーパーやデパートで購入した際には、サービスカウンターでのし袋を提供してもらえます。ネット上にある通販サイトにてギフトを購入したときには、店舗によって指定した写真をプリントしたのし袋を貼り付けてもらえます。結婚内祝いであれば、夫婦になった2人の写真をプリントするとオリジナル生の高いのし袋が完成するでしょう。出産内祝いの場合には、生まれた赤ちゃんの写真と名前を印刷したのし袋にすると、赤ちゃんの名前も覚えてもらいやすくなります。

プラスアルファの贈り物

ギフト

祝儀のお返しとなる引き出物には、新郎と新婦からの気持ちとなるプラスアルファの贈り物を備え付けましょう。それは一般的にプチギフトと呼ばれていて、店舗で購入することなく自分達で作り上げる人達も多いものです。